エメリルオイルのこと

エメリルオイルの効果的な使い方!サラツヤヘアへの近道とは?

エメリルオイル 使い方

エメリルオイルは、ドライヤーやヘアアイロンの熱を利用して髪に潤いをもたらしてくれるという画期的なヘアオイルです。

ドライヤーやアイロンの熱はダメージヘアの原因だとすら思っていたのに、その熱が味方になってくれるなんてすごいですよね。

でもエメリルオイルを使う時は、ドライヤーやアイロンを使わないと意味が無いのでしょうか?エメリルオイルの使い方が気になります。

そこで、基本の使い方や効果的な使い方を調べたので、ご紹介します!

エメリルオイルの基本の使い方

エメリルオイルの使い方は、基本的には普通のヘアオイルと同じでとっても簡単!

まずは入門編の「基本の使い方」をご紹介します♪

夜のヘアケアに

エメリルオイルはドライヤーやアイロンの熱に反応する成分が含まれていて、それがオイルと髪をぎゅっと密着させる役割を果たします。

なので、基本的にはドライヤーを使う夜のシャンプー後こそエメリルオイルを使う絶好のチャンス!

使い方はとても簡単、3ステップです!

<STEP 1>
お風呂上がりの濡れた髪をタオルドライします。
(水分が残っていてOK!)

<STEP 2>
エメリルオイルを手のひらにとり、毛先やダメージの気になる部分を中心になじませていきます。

<STEP 3>
いつものように、ドライヤーで髪全体を乾かします。

以上が夜のヘアケアの3ステップ!

エメリルオイルはサラッとしてるので乾かした後すぐに寝ちゃってもベッドや枕がベトベトになる心配がいらないので嬉しいですね。

朝のスタイリングに

朝もヘアアイロンやブローで髪の毛をセットする人は多いと思います。

そんなときにもエメリルオイルが活躍します!

<STEP 1>
乾いた状態の髪にエメリルオイルをなじませます。

<STEP 2>
いつものように、ドライヤーやヘアアイロンで髪の毛をセットします。

<STEP 3>
ダメージや気になる部分に重ねづけし、さらにツヤ感をプラス!

たった3ステップなので、忙しい朝にもサッとできてしまいますね。

もっとサラツヤを目指すためのコツ

さらに効果を実感したい、エメリルオイルの効果を最大限に引き出したい・・・!

そんな方のための「効果アップのコツ」をご紹介します。

朝と晩の2回使い!

エメリルオイルは髪のキューティクルを保護し、水分が逃げないようにケアしてくれる働きがあります。

エメリルオイルの効果はかなり長く続くのですが、朝晩2回使うことで髪がパサついたり乾燥したりするヒマを与えず潤いを持続させることができます。

日中は乾燥や日光によるダメージを防ぎ、寝ている間は枕との摩擦によるダメージを防ぐことができますので、朝晩の2回使いはオススメです。

気になる部分に重ねづけ

エメリルオイルは必ず塗った後にドライヤーをしなければいけない訳ではありません!

エメリルオイルを塗ってドライヤーやアイロンを使ったあと、さらにもう一度エメリルオイルを重ねづけすると髪の潤いが持続しやすくなります。

うねりやパサつきが気になる箇所には重ねづけして、もう一手間かけてみてはいかがでしょうか?

使う量にも気をつけて

エメリルオイルはサラッとしてのびやすいテクスチャです。

ヘアオイルというとベタっとしているものも多いので、もしかしたらエメリルオイルは「塗った気がしない」と物足りなさを感じることもあるかもしれません。

でもだからといって塗りすぎは禁物。せっかくサラサラしてベタ付かないようにできているのに、多く塗りすぎるとベタベタしてしまいます。

ダメージの気になる部分には重ねづけを推奨していますが、塗りすぎないように注意してくださいね。

逆に、塗る量が少なすぎても効果が落ちてしまいます。

自分の髪の量や太さに応じて、最適な量を探してみてください。